スクール内容

スクールの特徴

波をキャッチ、ロングライディングしちゃおう!

サーフィンはとても楽しいスポーツ!でも自然相手のスポーツなので何もわからないまま、板を持って海にはいってしまうと、思わぬケガをしてしまうこともあります。

まず、第一に安全にサーフィンを楽しめるように!今までに1,000人以上を教えてきたインストラクター夏目崇史プロがサーフィンの楽しさと、ルールやマナー、危険の回避の仕方をしっかりレクチャーします。
安心してサーフィンを始められるスクールです。

スケジュール

受付から解散まで

  1. ショップにて受付後、着替え後、海へ移動
  2. 着替え、準備運動、海岸にて陸上トレーニング
  3. 海へ。パドリング、波待ちからテイクオフまで
  4. 海上練習終了。着替え後、ミーティング
  5. 解散
持ち物
  • 水着(ウエットスーツの下に着ます、かさばらないデザインのものがいいです)
  • ビーチサンダル
  • タオル
  • 日焼け止め(女性は特に!)
  • シャンプーなど(シャワールームで使うもの)

ボード・ウェットスーツはレンタル(レッスン料金に含まれています)

スクールの流れ

ステップ1: 集合、受付、移動
ショップには8:30集合!受付。貴重品や大きい荷物はお店に置いて出発!海までの車内はサーフィンの話、海の話でテンションをあげていきまーす!
ステップ2: 着替え~ビーチへ!
みなさんにあったコンディションの波を選びます!みんなも海を見ながら、着替えたり、日焼け止め塗ったり準備!ドキドキ!(現地サーフポイントで集合の方はコチラから合流!)
ステップ3: 準備体操
サーフィンに
必要な筋肉をストレッチしながら、よーく伸ばしましょう。
ステップ4: 陸トレ
海に入ってしまったら、頭も身体も余裕が無くなります。パドルからテイクオフの動作は何度も陸上で反復練習して動作を身体に覚え込ませます。陸上でのイメージトレーニングは初めて海に出るまでの一番大切な練習です。
ステップ5: 海へGO!
陸トレで十分にイメージトレーニングができたらサーフボードを持って海へ!
ステップ6: パドル!
パドル
ステップ7: テイクオフ!
テイクオフ
ステップ8: ミーティング
着替えを済ませたらミーティング。今日の反省をして、次回も楽しくいっぱい波に乗ろー!
ご予約はこちら

サーフィンスクールに参加される前にイントラからのアドバイス!

スクールに参加される前にのぞいてみてね!

  • スクールの前日はちゃんと寝て、しっかり体調管理しましょう!


    サーフィンは本当に体力を使うスポーツです。
    海の中、太陽の下で遊ぶためには、寝不足では危険です!

  • 寝る前にテイクオフの練習をお布団の上でやってみよう!

    スクールの予習にもなると思います!手はどこについていますか?
    バラバラではないですか?胸の横ですか?両方試してみてください。
    どちらがスムーズかすぐにわかると思います!

  • ボードの上に腹ばい!

    おへそがサーフボードの真ん中にくるように、そしてしっかり頭をあげて、ボードの上でバランスを崩さないように、ボードの上でいい場所に乗れることが、その後の動作につながります。

    ボードの上に腹ばいの様子
  • テイクオフ
    手をついて→足だして→立つ

    サーフィンの醍醐味は、波に乗って、立って乗っていくこと!テイクオフはとっても重要です!
    手は、なるべく胸~腰の横くらいにつきましょう!足も出やすく、ボードも安定します。
    怖がって、レールを握ってしまうのは厳禁ですヨ。

    あわてて立ち上がらないことも大切!ボードの上の自分の重心を感じてみましょう!

  • 自分はどっちのスタンスかな?

    レギュラースタンンスは左足が前に、グフィースタンスは右足が前に・・・